2015年06月06日

絵画の見方・楽しみ方 巨匠の代表作でわかる



@全体としての内容
  ゴシックから現代まで巨匠92人の代表作100点を紹介。
 名画の鑑賞ポイントと画家の生涯をくわしく解説。
 1冊で西洋絵画の歴史がわかる。by 本書
 半分ぐらいが絵です。
 昔あった美術便覧から、難しい部分を削ぎ落とした感じ。

A著者はどんな人?
  井出洋一郎(いでよういちろう:監修)1949年群馬県高崎市生まれ。
 上智大学フランス語学科卒業。
 早稲田大学大学院博士課程(専攻西洋美術史)を経て
 1978年開館の山梨県立美術館に学芸員として約10年間勤務。
 明星大学日本文化学部助教授から現在は東京純心女子大学教授。
 上智大学、東京芸術大学の講師、村内美術館特別研究員。
 by あのひと検索 スパイシー 著書他多数。
続きを読む
ラベル:生活 美術
posted by pay back at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

よいこの君主論



@全体として、どういった内容の本なのか?
  小学生の子供たちがクラスで覇権を握るためのわかりやすい手引書。
 小学校のクラスを舞台にした君主論の解説書です。
 後書きには、マキャベリ本人の解説あり(笑)。
 君主論をこれでもかと分かりやすく説明した解説書です。

A著者はどんな人?
  架神 恭介 1980年生まれ。早稲田大卒のフリーライター。
 辰巳 一世 1981年生まれ。横浜市立大院卒メーカー勤務。
 他、著書多数。
続きを読む
ラベル:統治 権力 政治
posted by pay back at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

珍獣の医学



@全体としての内容
  ”白血病のカエル、呼吸困難のプレーリードッグ、結石のカメ、
 貧血のトカゲ、脱水症状のタランチュラ、異物を飲み込んだミニブタetc.
 どーする!?珍獣ドクター!獣医は医療か、ビジネスか。
 現役獣医師が多様化するペット医療の知られざる現場を描く。”by本書帯
 日本の獣医学の世界では、押しなべて珍獣扱いされている
 イヌ・ネコ以外のエキゾチックペットと呼ばれるペット。
 それらのペットを扱う獣医師さんの本です。目からウロコ。

A著者はどんな人?
  田向 健一 ”田園調布動物病院院長。
 愛知県出身。98年麻布大学獣医学科卒業。幼少時の動物好きが高じて獣医師に。
 大学時代は探検部に所属し、アマゾンやガラパゴス、
 ボルネオなど海外の秘境に動物訪問。
 卒業後は東京、神奈川の動物病院勤務を経て、田園調布動物病院を開業。
 ペットとして飼育される動物のほとんどを診療対象としており、
 無脊椎動物、爬虫類から哺乳類までと守備範囲は広い。
 その専門知識を生かし一般書、専門書、論文まで動物に関する著書を
 多数執筆、監修を行う。” by本書背表紙
続きを読む
ラベル:ペット 生活
posted by pay back at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

フィネガンズ・ウェイク1



@全体としての内容
  正直、読了して理解できた人がいるなら教えて下さい。
 読解力のある無しに関わらず、一回で読んで理解できれば天才です。
 もはや、暗号解読の領域。
 原文で読めればすごい人であること、間違いなし。

A著者はどんな人?
  ジェイムズ・ジョイス
 20世紀の最も重要な作家の1人と評価されるアイルランド出身の小説家、詩人。
 画期的な小説『ユリシーズ』(1922年)が最もよく知られており、
 他の主要作品には短編集『ダブリン市民』(1914年)、
 『若き芸術家の肖像』(1916年)、『フィネガンズ・ウェイク』(1939年)
 などがある。 by wikipedia
  柳瀬 尚紀 訳
 日本の英文学者・翻訳家である。
 その翻訳は、語呂合わせなどの言葉遊びを駆使した独自の文体で有名。
 「悪訳」をするとみなした翻訳家に対する痛烈な批判でも知られる。
 by wikipedia
続きを読む
ラベル:奇書
posted by pay back at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

格闘技「奥義」の科学




@全体としての内容
  “いかなる格闘技でも、超一流の域に達した人は、
 常人にうかがい知ることのできない「奥義」を身につけている。
 わずかに触れただけで相手を吹っ飛ばしたり、
 三枚重ねの真ん中のレンガだけ割ったり、
 二倍も体重のある相手の突進を受け止めたり……。
 しかし、たとえ神秘的に見える「奥義」も、
 実は力学的に高度な合理性にもとづいたわざであることを、本書は明らかにする。
 「奥義」とは、命をかけた真剣勝負とたゆまぬ日々の鍛錬から。
 物理法則をも極めてしまった先人たちの知恵の結集なのである。”
 by本書裏表紙
  突きや蹴り、投げなど様々な格闘技の技を科学的に分析した本。
 技の衝撃力や重心を分析して、色々な格闘技と比較しています。

A著者はどんな人?
  吉福康郎 一九四四年、滋賀県に生まれ、三重県伊勢市に育つ。
 東京大学理学部物理学科卒、同大学院修了。理学博士。現在、中部大学工学部教授。
 バイオメカニクス学会理事。物理学を応用してスポーツの身体運動を研究。
 かつて高野連の専門委員として「飛ぶ金属バット」を解明。by本書裏表紙

続きを読む
ラベル:格闘
posted by pay back at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする